出羽桜 吟醸塩麹
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

出羽桜 吟醸塩麹

¥486 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

吟醸酒の麹造りと同じ製法で作った麹のみを使用。殺菌をしない生の塩麹なので、麹が作る活きた酵素が食材を柔らかくします。 酒蔵の塩麹ならではの、純米吟醸酒のコクと旨味が食材の風味をさらに引き立てます。 内容量 :230g 原材料名:米麹(山形県産米)、食塩、純米吟醸酒 保存方法:冷暗所(10℃以下) 栄養成分表示(100g当たり)  熱量:143Kcal  たんぱく質:1.7g  脂質:0g  炭水化物:30.7g  食塩相当量:13.1g ~特徴~ ①殺菌をしていない「生塩麹」  麹が持つ酵素により、肉や魚の硬さの原因であるタンパク質が分解され、柔らかく仕上がります。殺菌をしている塩麹もありますが、麹の酵素が失活してしまうため、塩麹のメリットが無くなってしまいます。 ②純米吟醸酒を配合  酵素を失活させずに保存性を高めるため、酒精(アルコール)を添加しているものが多いですが、酒精の代わりに純米吟醸酒を使うことで、更に食材を引き立てます。 ※酒精を添加せず、麹と塩のみの塩麹もありますが、要冷蔵で賞味期限が短いといったものになります。 ③吟醸麹を使った吟醸塩麹  吟醸酒の麹造りと同じ製法で造った麹(精米歩合60%)のみを使用。米を磨くことで雑味のない仕上がりになります。純米吟醸酒も使用し、酒蔵ならではの塩麹となっています。 ~基本の使い方~ ●食材に対して10%の量の塩麴を使うと美味しく仕上がります。  ●塩の代わりに塩麹を使用する場合は、塩の倍量が目安です。塩分濃度は塩麹の方が低いので、摂取する塩分量は1/4になります。 ●基本的な使い方は、塩麹に肉や魚を、1時間ほど漬けこみ、焼くだけです。